ブログトップ

*月篭

tukigomori.exblog.jp

・・・◆ 宙の写真 ◆・・・

カテゴリ:*想( 4 )

【3周年記念イラスト フリー配布終了】


サイトが3周年を迎えました。
うっかり忘れてしまうところでした^^;
久しぶりに画像作成しました。
何をどうすればどうなるのか、忘れてしまいました~っ。
相変わらず意味不明なモノを作るのが得意です。

よろしかったらお持ち帰り下さい。
手を抜いてブログで配布です。
15日くらいまで置いておきます。

-----------------------

最近いろいろ更新が滞っています。
少しは頑張りたいです…!
[PR]
by tukigomori | 2005-07-05 23:34 | *想
 昨日、仕事を終えてから用事があって、来月あたりに引越予定の場所を通りかかった。自動車の窓から見える夕焼けが西の宙から頭上近くまで伸びている。急いではいたが、そのうつくしさにほんの少しの間だけでも、立ち止まりたくなった。
 本当に、うつくしい、と思った。ただ、うつくしい、と。そして、それを目に焼き付けたいと思った。しかし、夕陽は沢山の家の作る小さな山並みに沈み、宙は電線に小さく区切られている。今度の住まいは”れっきとした”住宅地にあり、今住んでいる所よりもずっとずっと宙が狭いのだった。
 私は自動車を走らせた。どこか宙を見渡せる場所はないものかと探して走った。信号に何度も捕まる。着々と闇に飲み込まれてゆく夕焼けを視界の端に映しながら、また走る。
 そして、見つけた。まだ空っぽの場所。整地されただけの雑草の繁る広い空き地。住まいから車ならすぐの所だ。一面に広がる宙。遠ざかるうつくしい夕焼け。流れる雲が情緒を生み出してゆく。小さな鉄塔の明かりが夕焼けよりもほんの少し紅く灯っている。
 美しい宙、ここでも見ることが出来る。
 いずれこの空き地にも建物が建つのだろう。それも仕方のないこと。ならばそれまで、私はこの景色を写真と記憶に収め続けようと、再び自動車を走らせながら思った。
[PR]
by tukigomori | 2004-09-15 23:16 | *想
毎日、宙を撮る。

何も無いと言われればそうかもしれない。
いつもと大して変わらないと言われればそうかもしれない。
しかし、私の目にはいつもその時々の美しさによって
綺麗だと映る。

先日、夕日にカメラを向けていたら
近所のおばさんがこちらを見ていた。

「こんばんは。」
「こんばんは。」
「写真撮っているの?」
「はい。」
「綺麗だもんね。」

大切なモノを褒められた気がした。
宙が綺麗だと感じる大切な私のココロ。
本当は単純に夕陽を綺麗だと言ったに違いない。
でも、そんな風に考えると嬉しかった。

そして、今日も私は宙を見上げている。
[PR]
by tukigomori | 2004-05-31 20:22 | *想
宙<ソラ>の坂道、と呼んでいる坂がある。
勿論、そう呼んでいるのは私だけであろう。

仕事から家までの帰路にその坂はある。
長く、ほどほど傾斜もあるその坂道の頂上から
車に乗って下り降りようとするそのとき、
それまで視界を遮っていた建物がふっと消えて、
目の前には小さな山の連なりと宙が広がるのである。

坂を下り始めると、すぐに木々が邪魔をするから
広く見渡せる感じがするのはほんの一瞬だ。
しかし、木々の寄り合う隙間から見える宙は
ちょうど夕暮れの時になるから、
坂を下り降りる間にも模様は刻々と変化し、
またとない美しい彩りを見せるのだ。

今日は、ぐずぐずと続いた雨と台風が去ったあとで
久しぶりに陽に染まる宙を目にした。
週末のささやかな贅沢だ。
[PR]
by tukigomori | 2004-05-21 20:43 | *想